夏野菜

こんばんは

 

マグリット料理長 小谷野です。

 

今回は夏野菜について。

夏には色々な野菜が旬をむかえます。

胡瓜やトマト、ナスなどたくさんありますが

それを調理する時に大事にしていることはなんだと思いますか?

 

勿論、色々あるのですが旬の野菜、特に夏野菜を使うときは

塩と火入れを気をつけています。

夏野菜は水分の多い野菜が多いです。

夏の暑さに負けないように水分を多く含んでいます。

塩を多くそういった野菜にしてしまうと水分が出過ぎてしまいます。

そこには甘みや栄養素が沢山含まれています。

苦みなど出した方がいいものもありますが、塩の振り過ぎには

気をつけます。

 

そして火入れですが、例えばズッキーニ。

しっかり火入れしても美味しいですが半生や表面だけ炙っても美味しいですし、

塩だけでも美味しいです。

どういう料理に合わせるかで火入れを変えると色々な表情で答えてくれます。

塩だけで瑞々しさを味わったり、少し火を入れて食感の違いと瑞々しさを

感じてもらったり色々できます。

いつもは鶏と胡瓜で作る棒棒鶏なんかも刻んで軽く塩をした

ズッキーニで作ると胡瓜とは違った甘みが加わって美味しいものに仕上がります。

 

少しの工夫で色々な表情を見せてくれる夏野菜をマグリットの結婚式で味わってみてください。

夏野菜

THE MAGRITTE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする