私たちの前身は日本旅館。
そこにニューヨークのパーティー文化を融合させた。
なぜ、ニューヨークなのか?
人種や言葉や習慣の違いを超えて、様々な国々の人たちが住んでいるニューヨーク。
そこはアメリカというより、世界を凝縮したような街と言った方が正しいかも知れない。
そこで育ったパーティー文化は、国境を越え、人種を超え、年齢を超えて、すべての人たちに受け入れられる楽しいものになっている。
私たちは、その文化にさらに日本のおもてなし文化を融合させることでどこにもない唯一のウェディング パーティーを誕生させた。
それこそがマグリット ウェディング。

ザ マグリットの前身は割烹旅館。
もともとは1946年に駅前で創業し、
その後、丸の内に割烹旅館石山花壇として開業した。
すでに70年以上昔の話である。
マグリットの醸し出す空気感は、旅館という
日本的な部分に加え、イギリスのロックバンド「QUEEN」と
1986年に開業したニューヨークのサパークラブNELL’S、
そして、ホテル王と言われ、今のニューヨークにある数々のブティックホテルの基礎を創り上げた
イラン・シュレガーのホテル群の影響を受けている。

また、音楽ではフュージョン、R&Bに加えて、ハーレムに
代表するゴスペルの影響も受け、それが基盤になっている。

ザ マグリットは、サパークラブの最盛期1980年代後半の
ニューヨーク生活がお店作りの基盤になっている。
ニューヨークのトップ・ウェディング・プランナーの
マーシー・ブルームやスタジオ54のブレインのひとりでもある
フローリストのレニー・レイノルズに師事し、
パーティーの基本を開発。

その後、様々なスペシャリストと共に商品開発を続け、
ザ マグリットは成長してきた。
この数年では、マシュー・ロビンズ、レベッカ・ガードナー、
デビッド・ビームなどが来日し、その技を直接伝授してもらっている。

  • Banquetウェディング
  • Cuisine料理
  • Dressドレス
  • Planプラン